ALL YOGA ▼ ヨガ哲学

八支則とは?【ヨガが深まる8つのステップ】

 

ヨガ美
ヨガをすると心と体がすっきりする♪

これからもヨガを続けていきたいと思っているけど、知っておいた方がいいことは何かあるかな?

スポンサーリンク

 

八支則を知ってヨガの全体像を把握しよう!

 

八支則とは

・パタンジャリのヨーガ・スートラに出てくるヨガ哲学。

・サンスクリット語でAshtanga(アシュタンガ)
「8つの枝」という意味

8つの段階で説明されているヨガの教え・行法

ヨガのゴールに到るための道筋

 

※ヨガスートラを学べるおすすめの本はこちら

 

ヨガを深めていくための順番がある

文章を読み書きできるようになるために、突然漢字から学び始める人はあまりいませんよね。

 

ことばを覚えながら、ひらがな・カタカナ・漢字と順を追って学んでいき

最終的に文章の読み書きができるようになります。

 

ヨガにもそれと同じように、ヨガを行っていく上での順番が決められています。

その順番を説明してくれているのが八支則(アシュタンガ)です。

 

順番に深めていくことで、ヨガの目指すゴールにたどり着くことができます

 

ヨガのゴールとは?

パタンジャリのヨーガ・スートラには
心の作用を止滅することが、ヨーガである
と書かれています。

悟りの境地に到ることで、私たちの悩みの原因である心の揺れ動きから解放される。

それがヨガのゴールです。

サンスクリット語ではサットヴァといいます。

心の止滅と聞くと無感情になるようなイメージを思い浮かべるかもしれませんが

実際は様々な心の壁が取り除かれ、
今あるものに素直に感謝し、感動し、幸福感に溢れた状態になるのが
ヨガでいう「心の止滅」です。

 

八支則というのはサットヴァに到るまでの道筋

 

悟りの境地と聞くと壮大すぎて自分とは関係のないものと感じてしまうかもしれませんが

 

わかりやすくゴールまでの道筋を記してくれているのがヨガスートラ(哲学)であり

 

ゴールまでの道筋が示されていることが

ヨガが生まれてから何千年と経った今でも現代人がヨガをする大きな理由の一つです。

 

どこにどうやって行けばゴールにたどり着けるかわからなかったら、迷子になってしまいますよね。

ヨガ哲学は私たちをゴールに導いてくれる道標となります。

 

ゴールに到るまでの道筋である八支則の内容を見ていきましょう。

 

八支則の内容

ヤマyama
(禁戒)
道徳的基本・日常生活で気をつけるべきこと
二ヤマniyama
(勧戒)
自己鍛錬・日常生活で行うべきこと
アーサナasana
(坐法)
快適で安定した姿勢・瞑想姿勢
プラーナーヤーマpranayama
(呼吸法・調気)
呼吸を整えること
プラティヤハーラpratyahara
(制感)
感覚の制御・客観的な視点
ダーラナdharana
(集中)
心を一つのことに集中させること
ディヤーナdhyana
(瞑想)
瞑想状態(ダーラナが深まると到る)
サマーディsamadhi
(三昧)
ヨガの悟りの境地・心の止滅
(ディヤーナが深まると到る)

 

※ヤマ・二ヤマの詳しい内容はこちらの記事で説明しています。

 

全てのヨガの基本となっている教え

現代ではヨガの形が多様化しています。

 

アーサナ(ヨガのポーズ)から始める人、瞑想から始める人など、ヨガを始めるきっかけは様々です。

 

ヨガの流派もたくさんありますが、全てのヨガの基本となっているのがこのヨガ哲学であり、
その中に出てくる八支則の教えです。

 

どんな流派でも、何から始めても、ヨガを深めようとすれば
必ず日常生活での禁戒・勧戒を意識し
坐法・呼吸法、そしてその先へと進んでいくことになります。

 

ヨガの悟りの境地へ到る道筋といっても

1回行えばその項目をクリアできるわけではなく、常にその状態を続けていく必要があります

 

特に、日常生活で意識するべきことは私たちの生活にも直結していて

心がけて生活するようになることで日常生活を豊にしてくれます

 

毎日の中で、自分がその時にできるヨガを意識して行ってみてくださいね♪

 

 

ヨガ哲学を学びたい人におすすめの本【9選】

 

気持ちを安定させる【日常生活で意識するべき10のこと】

-ALL, YOGA ▼, ヨガ哲学
-