Mind

潜在意識を書き換える簡単な5つの方法♪思い通りにうまくいく

またまた久しぶりの更新になりました〜!

2022年が始まり、春分が過ぎて本格的に新しいエネルギーが巡りはじめましたね♪

 

今日は『潜在意識を書き換える方法』についてお話をしていきます。

『潜在意識』と聞くと、スピリチュアル?と感じてしまうかもしれませんが、脳科学や心理学の分野で研究が進んでいます。

言い方を変えると「根本からポジティブになる方法!」とも言うことができます。

 

潜在意識と顕在意識とは?

私達の意識には『潜在意識』と『顕在意識』と呼ばれる2つの意識が存在しています。

大きなくくりで見ると、どちらも『意識』であることに変わりはないのですが、私達が普段自覚している意識は『顕在意識』と呼ばれるものです。

 

顕在意識は表面に出ている『意識』の極一部

意識全体は、海に浮かぶ氷山で表されます。

浮かんでいる氷山の、水面に出ている部分はほんの少しだけで大部分は水の中にあります。

この、水面に出ているほんの一部分が『顕在意識』と呼ばれます。

私達は普段、自分の意識を自分でコントロールして生きていると思いがちですが、知覚し、コントロールできる部分は意識のほんの少しだけということになります。

 

潜在意識の役割とは?

では、意識の大部分を占めると言われている『潜在意識』はどんな役割を果たしてくれているのか?気になりますね!

潜在意識は、私達を生かす生命エネルギーの源であり、感情を生み出す根源となっているものです。

例えば、生まれたその瞬間から呼吸をし、心臓を動かし、血液を巡らせて私達は生命活動を維持しています。

このような働きも潜在意識の役割であると考えられています。

 

そして、潜在意識は感情を生み出す根源となっていることが今回の重要なポイントになってきます。

「自分の感情は一体どこから生み出されているのか」と考えたことはありますか?

脳なのか、心なのか……。どちらも正解であり、不正解とも言えます。

私達の感情を生み出しているのは『潜在意識』です。

そして、この潜在意識は人によって反応の仕方が大きく違います

同じ出来事に遭遇してポジティブに捉える人と、ネガティブに捉える人の違いや、物事が不思議とうまくいく人、失敗続きの人というのは『潜在意識』という意識の根本に違いがあります。

どんな物事もポジティブに捉える人、物事が不思議とうまくいく人のほうが幸せな多くの時間を過ごせると思いませんか?

 

もしも、最近イライラしたり落ち込んだり、うまくいかないことが多いなあと感じていたら、そのネガティブが潜在意識に染み込んでしまっているかもしれません。

潜在意識をポジティブなものに書き換えることができれば、不思議と物事がうまくいくという、いわゆる「引き寄せの法則」が働くようになります。

 

悩み事9割の人生から悩み事ほぼ0の人生へ

ここからは少し実体験を踏まえてお話をしていきます。

それよりも早く潜在意識を書き換える方法を知りたい!という方はこの項目は飛ばして読んでください。

 

私は幼少期から常に疑問や悩みが頭の中をグルグルと回っている人間でした。

幼少期から悩み事が多いなんておませさん、と思われるかもしれませんが、「自分という存在は一体何なんだろう?」という答えのない漠然とした疑問が根本にあり、更に思春期の悩みも出てきたりと常に何かしらの不安、悩み、疑問が2つか3つあるという状態でした。

そんな子供時代を過ごし大人になったので「人は悩みがあるのが当たり前」と疑わず20代前半を過ごしていました。

社会に出ると悩みの種類や大きさも変わってきます。

不安定な精神状態で、軽い鬱のような時期もあったように思います。

暇さえあれば頭の中ではその時の悩み事を永遠にループし、寝る直前まで1日の反省会を頭の中で行うというような日々でした。

(これが良くなかった!と後に気づきます。)

 

運動不足や姿勢の悪さ、体型へのコンプレックスからヨガをはじめて、気がついたら週に5日通うほどヨガにハマっていました。

ヨガをしている時やヨガの直後は不思議と悩みや不安から開放されて心が軽くなるからです。

ヨガをはじめたきっかけは、身体的な悩みをなんとかしたいという思いからでしたが、まさかの幼少期から当たり前と思っていた「常に悩み事がある状態」から開放され始めたのです。

その当時は『潜在意識』のことも、ヨガの本来の効果や目的なども深くは知らず、ただ気持ちがいいからヨガを続けているという状態でした。

どっぷりヨガにハマり、悩み事も減り、性格も明るくなりました。

親しい友人からは「本当に変わったよね」と性格面を指摘されることも何度かありました。

それまではどれだけ卑屈でネガティブな人間だったのか……(汗)

 

自分が変化を実感したことに感動し、「この心の軽さを多くの人に伝えたい!!もっとヨガを学びたい!」という思いが強くなり、本格的にヨガの勉強を始めることになりました。

そして、そのような場には同じようにどっぷりヨガにハマった人たちが集まっているわけで……。

ヨガにハマる人の多くは、悩みや問題を抱えていて、ヨガをきっかけに気持ちが楽になったという人がとても多いことに気付きました。

 

私の夫は超ポジティブマインドの持ち主なのですが、根がポジティブな人はヨガにハマらないような気がします(笑)

 

ヨガがメインの話になってしまいましたが、私の場合は結果的に「ヨガをすることで潜在意識の書き換えをすることができた」ということになります。

実際に今、ヨガをしている方やこれから始めたいと考えている方にはヨガや瞑想をおすすめします。

どんなヨガが向いている?自分にできるかな?などのお悩みはコメントやお問い合わせからお気軽に連絡してください♪

 

そして、ここからはヨガをするしないに関わらず日常生活の中に取り入れやすい「潜在意識の書き換え方法」についてまとめていきます。

 

潜在意識を書き換える5つの方法

潜在意識を書き換える簡単な方法をいくつかご紹介していきます。

 

寝る前にはポジティブなことを考えよう!

まずは一番大事なポイントです。

寝る直前までスマホを触っていたり、目を閉じて1日の反省会をはじめてたりしていませんか?(以前の私は思い切りやってました汗)

眠りに落ちるまどろみの時間が一番、潜在意識と顕在意識の境目が曖昧になると言われています。

その時間にネガティブな情報をインプットしたり、ネガティブなことを考えたりしてばかりいると、ネガティブが潜在意識に染み込んでしまいます。

逆に、その時間にポジティブなことを考え、ワクワクや幸せな感覚を味わうと、ポジティブが潜在意識に染み込んでいきます

 

落ち込みやすい、悩みごとが多い、不安になりやすいという方は寝る前にポジティブな意識を持つようにして潜在意識を書き換えていきましょう!

例えその日1日が人生最大の不幸に見舞われた日だったとしても、「眠ることができていること」や「呼吸を感じられること」、「食事がとれたこと」などの自分が満たされているものに感謝をして1日を終えるようにしてみてください。

 

朝の起き抜けに理想の姿を想像しよう

寝る前と同じように、朝の起き抜けで意識がぼーっとしている時も絶好の「潜在意識書き換え」のチャンスです。

意識が覚醒していないタイミングで、自分のなりたい姿や夢や目標をできるだけ具体的にイメージして、そうなった時の自分の感情を味わうようにします。

「理想の自分をイメージしてニヤニヤする」だけでOKです。

 

起きてすぐスマホをチェックする癖がある方も多いかも知れませんが、起き抜けの数分だけでもいいのでぜひ自分の幸せな姿をイメージしてみてください。

 

叶えたい夢や目標を書き出そう

夢や目標を紙に書き出すことでも、意識の書き換えを行うことができます。

そして大事なのは書き出した夢・目標をマメに見ることです。

「目指せ甲子園!」と書いて壁に貼る高校球児のように、できるだけ目につくところに貼る、置く、持ち歩くようにすると効果が大きくなります。

時間があれば毎日書き出すといいですが、毎日は難しい場合は新月の日に行うなど、月に1回自分の夢や目標を再確認する機会を設けるのがおすすめです。

 

 

感謝や幸福感を味わう時間を意識しよう

あなたは1日に何回「ありがとう」という言葉を口にしていますか?

私はヨガをするようになってから「ありがとう」と口にする回数がかなり多くなりました。

ヨガのクラスがある日には、クラスの最後やお見送りのときに「ありがとう」を10回以上口にします。

朝起きて毎日のルーティンの中でも最低5回は「ありがとう」と口にするか頭の中で唱えています。

 

家族や友達が何か小さなことでもしてくれたら「ありがとう」と口にするようにしてみてください。

最初は照れくさくても、意識して行うことで習慣になっていきますよ♪

 

そして、「ありがとう」と感謝するたびにその幸福感を味わうと効果が2倍になります。

 

自分は満たされていると語りかけよう

最後は「頭で考えるだけでOK」なので、いつでもどこでも行うことができます。

 

「自分は満たされています。ありがとうございます。」と神社やお墓参りに言った時のように頭の中で唱えるだけです。

潜在意識はとても素直なので「自分は満たされている」と何度も語りかけられると「満たされている状態」を自然と引き寄せるようになっていきます。

歩きながらでも、家事の合間や仕事の息抜きの時間でもOKです。

 

寝る前や起き抜けのように意識がぼーっとしたタイミングで行うと更に効果的なので、瞑想をして同じような脳のリラックス状態で行うこともおすすめです。

ヨガのクラスでは、最後にシャバーサナという仰向けの瞑想の時間がありますが、これはほぐれた心と体の状態を潜在意識に染み込ませるための時間と考えることもできます♪

 

さいごにまとめ

『潜在意識を書き換える方法』をご紹介しました♪

聞き慣れないと最初は違和感や抵抗感を感じるかもしれませんが、実際に科学的に研究されていることでもあり、多くの成功者やビジネスマンも実践している方法です。

一番おすすめなのは「寝る前にポジティブなイメージを持つこと」です。

早速、今夜から始めてみませんか♪

 

 

-Mind