ALL BOOKS YOGA ▼ ヨガ哲学

ヨガ哲学を学びたい人におすすめの本【9選】

ヨガ哲学を学びたい人におすすめの本

 

はじめに

ヨガを始めて哲学の勉強もしたいと思っているけど、どの本がいいのかな?と気になった時にまず読むべき必読書と、他にもおすすめのヨガ哲学の本を網羅的にご紹介します。管理人TAKIの独断で初心者〜中・上級者向けのおすすめ度を星の数で表記していますので、よければ参考にしてみてください。

★☆☆ 初心者向け
★★☆ 中級者向け
★★★ 上級者向け

※本のボリュームや内容を加味して読了までの難易度を示すものであり、ヨガの経験年数などは関係ありません

読書大好き!という方は直感で気になったものを是非読んでみてください。

「本を聴く」オーディブルもおすすめ。

最初の1冊は無料。「聴く」読書

今なら初月無料。いつでも退会できます。

Audible(オーディブル)とは、プロによる朗読で本を聴くことができるサービスです。

本を読むのが苦手・いつでもどこでも読書ができるので、忙しいけど本を読みたい!という方にもおすすめです。

Audible(オーディブル)おすすめ書籍は最後に紹介します。

すぐ知りたい人はこちらから

 

インテグラル・ヨーガ (パタンジャリのヨーガ・スートラ)


ページ数:384ページ
★☆☆〜★★★オールレベル

まさかの最初からおすすめ指数無視のオールレベルをご紹介!

ヨガ哲学と言ったらまずはこの1冊!

特にヨガインストラクターを目指す方は必読です。

2020年に新版としてスタイリッシュな装丁になりました。

ソフトカバーなので持ち歩いて外で読むのも良し、家でゆっくり読むのもよしで万能です。

2021年3月現在Kindle版はないようです。

メリット:世界的にもヨガ哲学の本として人気があり、永く読み返し学べる内容となっています。これを読まずにヨガ哲学を学んだとは言えない、そんな代表的なヨガ哲学の本です。

デメリット:超有名な本なのでオールレベルにしましたが、内容が簡単とは言えず挫折するという人も少なくありません。

本を読むのが苦手な方は気が向いた時に開いて少しずつ読み進めたり、ふと思い出した時に読み返して理解を深めていくのがおすすめです。

 

英語が得意な方は

この本がAudibleにあったら繰り返し聴くのに……!と思っていたら英語版はありました。
英語が得意な方は耳で聴くのもいいかもしれません。

The Yoga Sutras of Patanjali

 

やさしく学ぶYOGA哲学 ヨーガスートラ


ページ数:352ページ
★☆☆〜★★☆ 初中級

タイトルに「やさしく学ぶ」と書いてある通り、説明がとてもやさしく解りやすいです!

わかりやすさの観点から初中級としましたが、内容的にヨガ哲学の本を何冊も読んでいる方でも読み応えのある1冊となっています。

こちらもソフトカバーなので持ち歩きもしやすいです。が、外側のカバーがないので傷みやすく持ち歩く方は別にカバーをつけた方が良さそうです。

Kindle版もあります。

メリット:代々木にあるヨガスタジオ、アンダーザライトでクラスを担当している向井田みお先生がやさしくヨガ哲学を教えてくれる本。1つ前に紹介したインテグラルヨーガを読み切れなかった……という方にもおすすめです。

デメリット:ボリューム的にはインテグラルヨーガと同じくらいあるので読書が苦手だと読む努力は必要になります。

文章が横書きなので慣れないと読みづらいという人もいるかもしれません。

読み切れない(涙)という方も諦めないで!

アンダーザライトではオンラインクラスも行っているので、向井田みお先生のクラスを受けることでより理解が深まります。

アンダーザライト は東京代々木にあるヨガスタジオで、本格的なヨガを学べる場として人気があります。

通常クラス以外にも有名な先生のワークショップやティーチャートレーニングも開催しているので是非チェックしてみてください。

最近はオンラインでクラス受け放題というサービスも始まったみたいです。

 

現代人のためのヨーガスートラ


ページ数:316ページ
★★☆ 中級者

「現代人のための」とついている通り、難解なヨガ哲学を現代人でもわかりやすく説明してくれている1冊になります。

1つ前のやさしく学ぶヨガ哲学と同様、横書きです。
Kindle版はありませんでした。

メリット:ヨガ哲学はこの1冊でいい、1番わかりやすかった!という声もちらほら聞きます。
現代人向けの内容で書いてあるので理解しやすいです。

デメリット:インドの叡智をドイツ人が解説し、それを日本人が翻訳しているのが気になる人は気になるかも?です。

 

解説ヨーガ・スートラ


ページ数:296ページ

★★★ 上級者

1983年に出版され、今でもファンの多い1冊。

Kindle版はありませんでした。

気に入ったらシリーズで出ているヨーガ根本経典・ヨーガ根本経典(続)へと読み進めるのもありです。

メリット:ディープなヨガの世界へようこそ、といった感じの内容です。

何冊かヨガ哲学の本を読んだ方におすすめしたい本です。

デメリット:言い回しが難解なのと、スピリチュアルな言い回しが多く出てくる為、初心者にはおすすめしません。

 

ヨーガの哲学


ページ数:224ページ
☆★★ 中級

1988年に出版された本の新版になります。

ひとつ上で紹介した解説ヨーガ・スートラのようにスピリチュアルな表現が多々出てきますが、ボリューム的には読みやすいので中級にしました。

新版として生まれ変わり、Kindle本も出ています。人気のある1冊です。

著者は仏教学を学び多くの仏教関係の本を出しています。仏教とヨガの繋がりを知りたい人も是非読んでみてください。

メリット:ページ数は多くない&図解が多いのでのでさくっと読めます。古い本なのにKindle版があるのもおすすめポイントです。

デメリット:何の知識もなく読むと「ヨガって宗教なんだ」となりそうな表現が多用されています。

挿絵があやしい(笑)

瞑想ヨーガ入門


ページ数:277ページ
★☆☆ 初心者

わかりやすいヨガの本と言ったら綿本彰先生。入門とついている通り、ヨガの意味から丁寧に説明してくれます。

メリット:ヨガの歴史から哲学、現代人に寄り添って優しく丁寧に教えてもらえる1冊です。今まで紹介した中で一番読みやすい本かもしれません。

数ページですが、Amazonで試し読みができますので気になったらチェックしてみてください。

デメリット:ヨガ哲学に読み応えや難解さを期待していると物足りないかもしれません。そのぐらい解りやすい内容になっています。

綿本先生の本は他にもたくさん出版されていますので、気に入ったらいろいろ読んでみるのもおすすめです。

ヤマ・二ヤマ: ヒマラヤ聖者が説くスーパーマインドになる10の教え


ページ数:216ページ
★☆☆ 初心者

ヨガ哲学の中のヤマ・二ヤマについてやさしく説明をしてくれている1冊です。

Kindle版もありました。Amazonで試し読みも可能です。

メリット:ヤマ・二ヤマについて内容を深堀して勉強したい方におすすめです。内容も現代人向けになっているため理解も容易です。

デメリット:ヤマ・二ヤマについての話なのでヨガ哲学の全体を把握したい人には不向きです。

カルマなどヨガ哲学を知らないと聞き慣れない言葉も出てくるので、初心者は他の本も併せて読むといいかもしれません。

ヨガが丸ごとわかる本


ページ数:239ページ
★☆☆〜★★★オールレベル

番外編です。ヨガ雑誌Yogini編集部より出版された、「ヨガ」を伝えてくれる本です。

ヨガ哲学はやさしく学ぶYOGA哲学の向井田みお先生の解説がイラスト付きで載っています。

ヨガをするメリットや、現代のヨガの種類、歴史、世界中の有名なヨガの先生の紹介など雑誌の延長線で勉強できる本です。

写真やイラストがたくさん使われているため、字を読むのが苦手でも眺めているだけでも楽しいです。

夢をかなえるゾウ



ページ数:402ページ
★☆☆〜★★★オールレベル

番外編です。ベストセラーとなり今でも人気のあるシリーズ1冊目です。

関西弁を喋るゾウの神様ガネーシャが突然現れて、主人公に人生を豊に生きる秘訣を教えるというストーリー。

自己啓発本として人気ですが内容はヨガ哲学と深く関係しています。

小説を読みながら哲学を勉強できる本。

Amazonでの試し読みと、Kindle版もありました。

そして、こちらはAudible(オーディブル)もありました!

プロのナレーターによる朗読で、移動中にも読書が可能です

最初の1冊は無料。「聴く」読書

今なら初月無料。いつでも退会できます。

Audible(オーディブル)対応している本で、おすすめは中村天風先生の「運命を拓く」です。

詳しくはこちらで説明しています。興味があればチェックしてみてください。

自分の興味のあるものからチェックして少しずつ学びを深めていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-ALL, BOOKS, YOGA ▼, ヨガ哲学
-, ,